【手マンテクニック】女の子が泣いて喜ぶ手メコのやり方 

手マンしても女の子がいかない、潮を噴かせることができないなど手マンのやり方がわからない、自信がない男性の方。

 

お待たせしました、性感マッサージで数多くの女性を中イキさせ、潮吹かせてきた私が今回は手マンのやり方やテクニックについて触れていきたいと思います。

 

 

細かく書きますので長文になりますがご了承ください。

 

 

 

手マン(てまん)とは

手マン責めひまり

 

 

手マンの意味は手の平や指などで女性器(おマ○コ)を愛撫する事を指す言葉で、手マン以外にも指マンという言い方もあります。

 

手でおマ○コを触る、責めることから略語みたいなもんですよね。セックスフレンド=セフレみたいに。

 

おもしろい事に地方によってこの言い方も異なるの知っていますか?

 

せっかくなので書いておきます笑

 

手マンの方言

 

私は大阪なので関西では手メコ(てめこ)と言います。

 

なぜ手メコなのかというと関西ではマンコをオメコという表現を使う事がある為

 

手でオメコを愛撫する表現を手めこするというわけです。

 

そんな感じで地方では異なる言い方をし、徳島「指チャコ」福島「手べっちょ(手べ」沖縄「ティーホー」だそう。

 

方言で色々あるのおもしろいですねっ

 

 

 

手マン(てまん)テクニック

手マンのやり方

 

 

童貞の方もいらっしゃると思うので初歩から説明していきますね。

 

また、セックスのやり方なども不安がある方はこちらからお読みください。

 

 

 

【セックスのやり方を教えて】満たされるエッチの原則~男女別解説~

 

 

 

手マンをやる前に

 

手マンのやり方を教える前に重要な事。

 

それは女性器が愛液で満たされていなければいけません

 

手マンは女性器に指を挿入する行為ですから、愛液が潤滑駅の機能となりスムーズに挿入できるようにすることが大事です。

 

傷を感じてしまうと膣に力が入って指が入りにくくなり痛みを感じやすくなる他、濡れにくくなる、イキにくくなる原因になります。

 

前戯(愛撫やクンニ)などでしっかり濡らす事が女性への負担を少なくし、感じやすくすることができるのです。

 

濡れ難いようであれば唾液やローションなどを使って手マンをするように配慮しましょう。

 

Peace's(ピーシーズ)
Peace’s(ピーシーズ)

 

 

また、女性器を傷つけない為にも必ず爪を短く切るようにしてください。

 

女性器はキズが付きやすい部位ですので慎重に行ってください。

 

 

【アダルトグッズバレない買い方】誰にもばれない大人の玩具購入方法

 

 

第一段階 人差し指で膣穴を拡張させる

手マンのやり方指1本

 

人差し指の腹部分を上にして指を1本だけ挿入します。中指でも構いません。

 

その際にまっすぐ入れるのではく、膣内の形に沿うように指先を入れた瞬間気持ち下方向に挿入していきます。

 

 

間違ってもいきなり2本同時に入れないように気を付けましょう

 

 

AVみたいにいきなり激しくガシガシやると痛いものです。

 

 

まずは1本を入れてゆっくり撫でるように膣内を触っていきます。

 

 

私のやり方はこの時はほとんど動かさず、膣内上部を押したり穴を広げるように優しくかき回すようにしています。

 

 

指1本で上記のように攻めていくと愛液がどんどん溢れだしていき、さらに膣内に熱を持つようになります。

 

それは感じてきて興奮も増し「もっと快楽を感じたい証拠」でもあるのです。

 

その段階に来たら指2本を挿入する段階。

 

 

 

第二段階 中指も濡らして指1本分の横幅で挿入

 

指2本を挿入する場合でも膣の入口に負担が掛からないように配慮をかける必要がありので、指を横に並べるのではなく中指は下、人差し指が上に来るように重ねた状態で挿入します。

 

手マンのやり方指2本

 

 

この時に注意が必要なのは人差し指で手マンしていたので、中指は愛液で濡れていない状態のはずです。

 

私はこの時には中指を自分の唾液で濡らして挿入不可をかけないように心がけて2本挿入するようにしています。

 

 

指を入れたら膣上部を指の腹に当てるように第二関節を曲げて見てください。

 

 

力の強さとしては触れるよりは押すくらいの強さです。

 

 

その位置を中心に奥と手前の膣上部を押し撫でながら「こことことはどっちが気持ちい?」と女性にヒアリングしてGスポットを確認するようにしましょう。

 

 

勝手な判断で「ここが気持ちいだろー!」なんてやらないようにしてくださいね、外れてたら冷めちゃいますので笑

 

 

 

第三段階 指で膣内性感帯を刺激していく

 

先ほどのGスポットの位置が分かったら女性も感じている事でしょうから。ポルチオ(子宮口の性感帯)を責めたりします。

 

指をまっすぐ伸ばすとタコの口みたいなコリコリしている部分があります、この上部の膣壁の奥を刺激していきます。

 

 

ただし、女性は興奮して感じていないとこのポルチオ責めは痛みがあったり気持ち良くない不快感が出る場所です。

 

 

ですから開発する程度に少し触りまたGスポットを責めるなどの方法がおススメです。

また指を半回転させて逆の膣内もマッサージするように行います。

 

そうすることでさらに愛液が溢れだし潮吹きしやすい状態や、いきやすい状態になっていきます。

 

 

 

最終段階 手マンテクニックはスナップをきかせて

 

三段階目までが中イキ準備。

 

これからが手マンテクニックによる中イキのやり方になります。

 

2本指をGスポットの位置に当て、第二関節を曲げた状態で膣口に向かって引くようなイメージでだんだんと激しく出し入れしていきます。

 

 

Gスポットの攻め方

 

 

指は曲げたまま固定でもいいですし、指二本とスナップを利かしてかき出す形でも良いでしょう。

 

膀胱に潮吹きの元となる愛液の分泌液が溜まっていれば潮吹きしますし、溜まっていない場合はそこまで出ませんが、そのまま中イキする(同時もある)ようになってきます。

 

 

手マンは最初は弱く、徐々に強くというように段階を踏んで行う必要があり、これが女性が痛みがなく負担が少ないやり方なのです。

 

 

 

手マンテクニックの種類

クンニからの3連続絶頂

 

 

ここからは応用編の手マンのテクニックをお伝えしていきます。

 

指を膣内で歩かせる

 

手マンは指を膣に入れてピストンしたらいいって思っていませんか?

 

 

膣内にはGスポットやPスポット(ポルチオ性感帯)など複数感度高い性感帯があります。

 

 

多くの男性はそれぞれを責める事しかしりませんが、私は2つ同時に責める為に膣内を交互に歩かせるように手マンさせるテクニックがあります。

 

 

これがまた女性は100%気持ち良くなるんですよ。

 

 

人差し指がGスポット責めなが中指はPスポット責めと、また今度は逆の指で刺激して交互に指マンするのです。

 

 

 

 

手マンテクその2 クリ&Gスポ同時責め

処女中イキ画像

 

指の腹でクリを刺激しながらGスポット責めをする究極奥義。

 

これは言葉で説明するのは非常に難しいので動画で撮影チャレンジしますね笑

 

手首がかなり疲弊しますけど超感じる責めです

 

またはクリ責めオモチャでやると楽ですね。

 

 

 

【チュッパチップポン体験動画】女性に大人気!クリ責め吸引オモチャ

 

 

 

 

手首のしなやかさが必要かもしれません。

 

私はいきにくい女性にはこの手マンの技を使います。

 

というか中イキできる人はこのテクニック使用しなくてもイクので・・・。

 

GとPスポット同時責めして熟した時を見計らい行う匠の技ですね笑

 

 

 

手マンテクニックを覚えるとこんなにイキます動画

 

 

 

女の子をいかしせたい、感じさせたいなら手マンテクを覚えるのは必須です。

 

早漏なんて関係ありません。男性器の大きさや長さでもないのです。

 

 

大事なのは手マンのテク、G&Pスポットの攻め方が超重要です。

 

 

おまけ 指マンテクニックのような中イキバイブ

 

Gスポットに当たるように設計された中イキバイブを使うと超楽ですよ笑

 

実際に使用して中イキさせています。

 

女性のオナニーグッズとしても人気で、まるで手マンされているようにGスポをグイグイせめてくれます。

 

 

【中イキさせたい】中イキバイブ『キャスパーキューティ』使ってみた

 

 

 

手マンテクニックのまとめ

 

 

手マンのやり方とテクニックを説明してみました。

 

言葉で説明するのは本当に難しい。

 

正直、女性に何度か試し反応を見ながら行わないと感覚はつかめないと思います。

 

それでも最低限の知識とこういう技というかテクニックを知っていれば、いつかああ!なるほど!って思う時が来ると思っています。

 

今日お話ししたことを実践で学びたいという人があれば性感マッサージ講習を受講くださいね。

 

また、大阪、東京以外で講習が受講できない方の為に、性感帯マッサージのやり方マニュアル動画を用意しています。

 

長文お付き合いありがとうございました!