【性感帯のツボ】女性が感じる15の部位とコツのまとめ記事

女性の性感帯のツボってどこにあるのだろうという相談を男性からいただく事があります。

 

正直、このツボの位置を教えても、触り方や雰囲気作りなどが分かっていなければ、刺激してもあまり感じない、興奮する事ができないというのが実情です。

 

メールで返信するのもそろそろ面倒なので、ツボとコツを書いておきます。

 

こちらを読んで練習してみてください笑

 

 

ツボとは

 

専門的には経穴(けいけつ)と言います。
英語ではAcupuncture pointやAcupointと表記するらしいです。
我々、鍼灸師はツボではなく、経穴を一般的には使います。
民間で一般にはツボと呼ぶことが多いようですね。

 

私がここで書く「性感帯のツボ」は感じる部位の事を指します。

 

専門的な経穴(けいけつ)というツボの事ではなく、今までの経験と女性の反応とヒアリングという実践を元にしています。

 

身体のツボについては、専門的なプロの方から情報を取るようにお願いします。

 

 

性感帯の15ツボ

性感帯のツボとは

 

 

女性が喜ぶ感じるツボとはどこでしょうか?

 

細かく言えば50ツボくらいでてきますが、長くなるので無理やり15ツボにしました笑

 

私が実際行っているM性感マッサージで使うそれぞれの部位単位のツボを上げて説明していきます。

 

足のツボ(足裏、足指、くるぶし)

 

足の裏ってかなり敏感な為、こそばすには最強の部位ですよね笑

 

それくらい性感帯が集まっているという事でもあるのです。

 

足裏のツボを刺激するには手指というより唇や舌、歯を使ってキスしたり、舐めたり、甘噛みしたりします。

 

こしょばい感覚にさせない事が重要です。

 

また、指をフェラチオのようにしゃぶったり、指と指の間を下で舐めてあげるとかなり気持ち良いツボになります。

 

くるぶし周辺も円を描くように撫でることで、むず痒い快感を得る事ができます。

 

 

ふくらはぎのツボ

 

ふくらはぎにある性感帯のツボは、正面と内側がより感度が高く、外側は感度が少し鈍ります。

 

次に紹介する太もものツボでも同じことが言えます。またひざ裏も感度の高い部分でもあります。

 

太もものツボ

 

内太ももは股間に近くなればなるほど、感度が高く快感を得る事ができます。また太ももとお尻の境目周辺は性感帯のツボです。

 

ここを擦られるだけでもビクンとしてしまうほど敏感な部位になります。

 

 

お尻のツボ

 

お尻の性感帯尾骨周辺

 

お尻の性感帯は特にお尻の穴と尾骨の間、やアナル周辺が感度が高い為、指先や舌先で愛撫されると腰が浮いてしまうほど感じてしまいます。

 

全体的に性感帯がある部位ですが、触り方や強度によって色々な刺激の仕方が可能です。

 

 

腰のツボ

 

腰の性感帯は尾骨から腰のくぼみの間や側面が感度が高いので、こちらを優しく愛撫してあげると快感を得る事ができます。

 

 

背中のツボ

 

腰の性感帯のツボを愛撫しながら背中の性感帯へつなげて行う事が重要です。

 

背骨に沿って舌先で愛撫されると鳥肌が立つほど感じてしまう女性も多いものです。

 

肩甲骨あたりのくぼみ周辺も効果的です。

 

 

※背面の性感帯はこちらにある程度まとめているので動画も参照ください。

 

 

 

首のツボ

 

首の性感帯のツボは正面ではなく側面にあります。

 

耳裏や首筋を舐めたり吸ったり、キスすることでゾクゾクしてしまい声が出てしまいます。

 

参考記事⇒【首の愛撫】首筋や肩にキスや愛撫で感じるマコさん21歳~首性感~

 

 

腕や肩のツボ

 

腕も性感帯がお送ります、二の腕周辺や手首から肘までソフトタッチで撫でることで快感を得る事ができます。

 

肩にはキスしたり、指先や舌で優しく愛撫しますがこちらも首のツボと連動した攻め方が重要です。

 

 

指のツボ

 

足指でも説明しましたが、指の間は気持ちよくまた興奮するツボでもあります。

 

性感マッサージでは指先までオイルで流すのですが、手が触れ合うことで人間は安心感を持つことがあります。

 

ご自分で指から手のひらを擦って見ても気持ち良さが分かることでしょう。

 

 

乳房のツボ

 

おっぱいの責め方画像

 

乳房は乳腺という赤ちゃんにお乳を出す組織です。乳房を全体的にフェザータッチで円を描くように指先で触れていくと効果的です。

 

乳首マッサージは性感帯マッサージでも時間をかけて行います。

 

また乳首は感度の高い性感帯の一つ。感度は高いですが個人差があるのでマッサージの強度には気を付ける必要があります。

 

参考記事⇒【おっぱいの攻め方動画】女が感じる胸攻め方法とオッパイ攻め動画

 

 

鎖骨のツボ

 

鎖骨は骨上のクボミ部分と骨下が性感帯のツボです。超ソフトタッチで触れる事で快感を得る事ができます。

 

強く触ると不快感になるのでNGです。

 

 

脇・わき腹のツボ

 

性感帯わき腹

 

脇の性感帯のツボは足裏と同じようにかなり敏感な場所になるので、少し強めに触れていきます。

 

嫌がる女性もいますので、反応を見ながら行う事が重要です。

 

また、わき腹は全て性感帯になりますので、指先でなぞるように撫でていきます。

 

 

鼠径部のツボ

 

鼠経部のツボ画像

 

鼠経部は性感帯の集合帯ですね、俗にいうパンティーラインは全て性感帯がある場所としては分かりやすいと思います。

 

優しく撫でると股間に直結するような快楽を得ます。

 

 

膣周辺のツボ

 

膣は最も感度が高い場所の一つ。クリトリスは性感帯集合体です。

 

その性感帯をもっと感度を高める為に膣周辺もじっくりとマッサージしていきます。

 

膣を触れずに付け根のマッサージを行ったりします。

 

その動画を先日撮影OKいただきましたので、動画を見ていただく方が早いですね。

 

 

 

膣のツボ

性感帯Gスポット

 

膣はGスポットが3か所あると言われていますが、主に気持ち良いのは2つのGスポットです。

 

指を入れた第2関節の上と第一関節くらいの上部にあります。

 

 

このツボが分かると中イキさせるのは一瞬だったりします。

 

 

分からない方は女性に聞きながら場所を確かめる事が大事です。

 

完全に分かっていればよいですが、ツボが外れてるのに必死に責めて女性が演技をする・・なんて最低のことですから。

 

 

参考記事⇒【Gスポットの攻め方動画】手と指で行うジースポット責め方8分動画

 

 

性感帯ツボ刺激でのコツ

 

性感帯のツボを知ったとしても、気持ち良くなってもらうために最も重要なのが触り方など感じてもらうコツなのです。

 

触り方やコツについても説明していきます。

 

 

優しく触れる

 

性感帯のツボを刺激するに当たり、この触り方がとても重要です。

 

例えば太ももの性感マッサージでも強めに撫でるのと、肌に触れるか触れないかの超ソフトタッチでは感じ方が違います。

 

場所によって強弱をつけながらいやらしく触る事が重要なのです。

 

 

参考記事⇒【フェザータッチ】鳥肌が立つフェザータッチマッサージの愛撫テク

 

 

自分が思う以上にゆっくり動かす

 

リンパマッサージにしても、性感マッサージにしても時間をかけてジワジワと行う事が効果的です。

 

性感のツボを刺激する時に、自分が想像しているよりもゆっくり触ると、丁寧でありながらとても焦らした触り方にもなります。

 

 

羞恥心を煽る

 

四つん這いにしたり、片足だけ開いてパックリ恥ずかしい姿になってもらったり、わざとマッサージする時に羞恥心を感じてしまう姿勢をしてもらう事があります。

 

羞恥心で興奮してしまう女性って結構多いものですから、マッサージの感度を上げる効果的な方法です。

 

参考記事⇒【羞恥プレイ動画】言葉責めと羞恥エロマッサージ~リノさん20才~

 

 

言葉責めも人によって

 

言葉責めは人によって、言葉の好き嫌い、恥ずかし過ぎて逆効果になったり、必ずしも全員が興奮するとは限りません。

 

興奮できていないのに言葉責めを行うと逆効果です。

 

女性の反応を見ながら行う事がベストです。

 

あまり良い反応をしていないなら、言葉責めが間違っているか、興奮していないと判断してやめる事をおススメします。

 

 

まとめ

 

まだまだ書くことがありますが、これ以上女性が喜ぶ性感帯のツボについて書くととんでもない量の文章になります。

ツボを知り、触り方を学んでいく。

コツは優しく、ゆっくりと行いながら羞恥心を多る事も忘れずに。

 

学びたい方はこちらをお読みいただいてからご連絡お願いします。

 

 

【性感マッサージ講習】M性感マッサージ講習を受けたい男性の方へ